公演・イベント情報 公演・イベント一覧へ

2020年4月29日(水・祝) 主催公演

源氏物語 - 語りと雅楽で楽しむ平安絵巻
~第五帖「若紫」より~

源氏物語 - 語りと雅楽で楽しむ平安絵巻
~第五帖「若紫」より~

 

中井和子著『現代京ことば 源氏物語』による「女房語り」をベースに、伶楽舎所属楽人による笙と龍笛の演奏で源氏物語の世界を再現する、語りと雅楽のコラボステージ。

 

■出  演

 山下智子(語り)・武智和子(笙)

 ※賛助出演:伊崎善之(龍笛)

 

会員特典ハンディチケット発売中

  • 公演概要
  • 出演者プロフィール
  • 公演概要

    公演日2020年4月29日(水・祝)
    時間

    開演15:00(開場14:30)

    料金

    全席自由(税込)前売1,000円 / 当日1,200円

    ※未就学児入場不可。

     

    ▼キャンディパレット会員:前売800円 ※お1人様2枚まで割引価格適用。

    ▼ハンディチケット:前売800円 ※障がい者手帳をお持ちのご本人と介助者1名まで割引価格適用。

    会場小ホール
    発売日

    【一般発売】2月8日(土)10:00~

    チケット取扱い

    武蔵村山市民会館

    042-565-0226

    情報館『えのき』

    (イオンモールむさし村山1階)

    042-505-8544

    武蔵村山市

    ボランティア・市民活動センター

    042-590-1430

    東大和市民会館 ハミングホール

    042-590-4414

     

    主催武蔵村山市民会館
  • 出演者プロフィール

    山下智子(語り)
    山下智子(語り)

    京都市出身。仲代達矢主宰無名塾にて学び、三島由紀夫近代能楽集「道成寺」「熊野」はじめ舞台、TVにて広く活動。
    2003年より声の表現中心に活動。NHKラジオドラマに六年間のレギュラー出演、映像番組のナレーション、カシオ電子辞書での古典朗読、大修館書店古典教科書CD、サウンドブック等での朗読、文楽人形芝居、ダンスとのコラボレーション、朗読劇など。
    故中井和子氏との出会いから源氏物語の京ことば語りを始め、「京ことば源氏物語」の女房語りを通し、失われゆく美しい京ことば、やまとの心を後世に伝えるべく、東京、京都、大阪での全五十四帖隔月連続公演をはじめ各地で語り会を開催。海外招聘も受けポーランド、フランス、スイスなどの劇場、大学でも公演。古典の日推進委員会
    語り部派遣事業講師。NHK文化センター講師。京都観光おもてなし大使。
    公式サイト http://www.genji-kyokotoba.jp/

    武智和子(笙)
    武智和子(笙)

    幼少期よりピアノとトランペットに親しみ、学校でのクラブ活動のほかに市民オーケストラの一員として音楽経験を積む。
    成蹊大学文学部を経てくにたち音楽大学に入学、在学中に雅楽と出会い笙の演奏を始める。卒業後は、くにたち音楽大学附属楽器学資料館で勤務するかたわらで日本雅楽会にて研鑽を積む。2008年より故・芝祐靖氏率いる伶楽舎の一員としてプロ活動を始める。伶楽舎メンバーとして全国各地や海外での公演に参加している。ソロ奏者として、東洋・西洋・民族・日本・電子等のあらゆる楽器や美術、語りとのコラボレーションを行なっている。2018年まで日比和子として、19年より武智和子の名前で演奏活動を続けている。東大和市出身。

    伊崎善之(龍笛)※賛助出演
    伊崎善之(龍笛)※賛助出演

    高校入学時より雅楽を始め、東京藝術大学音楽学部邦楽科を卒業。
    在学中に横笛を越後眞美、歌物を東儀雅季、左舞を岩波孝昌の各氏に師事し、卒業後に横笛を芝祐靖氏に師事。
    平成21年度には東京藝術大学非常勤講師を勤める。
    伶楽舎に所属し、国内外で数多くの演奏に携わっている。

お問い合わせ

武蔵村山市民会館(さくらホール)
 TEL:042-565-0226 

武蔵村山市民会館(さくらホール)

 〒208 - 0004 
東京都武蔵村山市本町1 - 17 - 1
交通アクセス
 TEL.042-565-0226 
FAX.042-567-4502

お問い合わせ